心も身体も健康な毎日を過ごすための必須条件

健康は勉強、仕事、遊びどんな事をするにも柱になるいわば必須項目です。
まずは健康でなければどんな生活も成り立ちません。
健康的に生き、いきいきとした毎日を過ごすには、まずは規則正しい生活です。
睡眠はできれば夜22時から朝6時までの8時間くらいがゴールデンタイムです。
食事は規則正しく、栄養バランスのとれたものをとります。
現代人の食生活は肉類や油もの中心になりがちですが、野菜を多くとり、常に薄味をこころがけます。
動物性たんぱく質は肉より魚、炭水化物は白米より玄米など精製されていないものが望ましいです。
そして運動は必須です。
個人のライフスタイルや体力に合わせた運動を毎日、無理であれば週3回ほどすることで基礎体力があがります。
そしてメンタルコントロールも社会人には必要です。
現在は鬱病などの精神疾患が増えています。
肉体的に病気がなくても心が元気でなくては活力ある毎日は過ごせません。
食事や睡眠、運動を気をつける人は多くてもメンタルの手入れを毎日する方は少数派です。
しかし現代のストレスフルな社会状況では心こそ手入れが必要です。
メンタルコントロールには瞑想や腹式呼吸、5分ほどの軽いエクササイズ、緑や動物と触れ合うこと、太陽光を浴びること、などが有効であると心理学者の実験により実証されています。
メンタルコントロールをすることで脳や身体をストレス状態から解放することができ、速やかな回復を促せます。
これらの習慣は毎日の生活に取り入れて継続して行うと健全な精神状態作りに役たちます。
これらとは逆に、健康を守るために避けたい習慣は、過度の飲酒、暴飲暴食、睡眠不足、不規則な生活、運動不足などが主な悪習慣です。
計画的な飲酒などなら良いですが、無計画に飲酒などを行うことは、肉体的に消耗すると同時に精神的ストレスも増し、病気リスクを高めるだけでなく、人にとって大事な自己管理能力や意志力を奪ってしまいます。
要するに、自分の目標を達成するエネルギー値が低くなる生活習慣です。
人生の目標を達成し楽しくいきいきと暮らすためには良い生活習慣を身に着けることが必須です。